toggle

和がらしの使い方

<和がらしの練り方>

ほどほど屋エイトの美味しいは楽しいのDELICIOUSISFUNの指扇の居酒屋の自然栽培のたかやま農園の新鮮な魚の安心安全な食材のアレルギー対応の子連れでも安心の石臼挽きの自家製粉の在来種の固定種の手打ちの十割蕎麦のアットホームの未来のこどもたちの寄り合いの横につながるのグルメの駅から徒歩10分の老若男女の自然食のオーガニックの無添加の自家製の自家栽培の自家採種のサンスマイルのかぎろひのみんなで保育ととの自主保育の地域での子育ての親子で楽しくの駐車場有りの固定種の伝統野菜の種取りのわがらしの和がらしのかずがらしの

使用する分だけ器に移す

80℃のお湯※1を少量ずつ加えて混ぜ、
好みの硬さになるまで、匙や箸で練る
硬めがオススメです!

③よく練ったら、器を裏返し※25分程置く

④お好みの量を掬って召し上がって下さい

※1 熱湯だと辛味が際立ち、コクやまろやかさが弱いです
オススメは少し冷ましたぐらいの熱湯が好ましいです

※2 和がらしに含まれるシニグリンという物質に水分を加えると、
酵素ミロシナーゼが働き、辛味成分アリルイソチオシアネートが生成されます。

この辛味成分は揮発性が高いので、器を裏返しにして防ぎます。
味を見て、辛味が落ち着いているようなら食べごろ!

当店の和がらしは、油分を多く含むため、水やぬるま湯で練ると油分が分解されず、
本来の辛味が発揮できず粉っぽさが残る味になってしまいます。
油分を多く残した、バターのようなマイルドなコクと辛味が特徴です。

おでんや納豆、トンカツにシュウマイ。
ゆるめに練ってからは、からし味噌やフレンチドレッシングやからし和えに。
パンに塗って食べたり、角煮などの脂の多い料理にもアクセントになります!

今後、和がらしに合う料理のレシピもこちらでご案内していけたらなと思っています。
気長にお待ち下さい!!